WordPress:ランダムに選ばれた記事へ遷移するリンクボタンを作成する方法

Read More

WordPress:ランダムに選ばれた記事へ遷移するリンクボタンを作成する方法

WordPressでランダムに選ばれた記事へのリンクが設定されたボタンを作成・配置する方法です。個人的に使う機会も利用しているのを見かけることも少ないですが、ブログやWebマガジンなどでよく見る人気記事や関連記事を表示するのと同じように、他の記事も見せたいときに配置する要素のひとつとして使えると思います。

  • Posted on
  • WordPress
WordPress:現在表示しているページで使用されているテーマ名・テンプレート名・テンプレートパスを表示させる方法

Read More

WordPress:現在表示しているページで使用されているテーマ名・テンプレート名・テンプレートパスを表示させる方法

WordPressはページを表示する際に条件に応じてテンプレートが呼び出される仕組みになっていますが、特にWordPressを触り始めた頃やテンプレートが大量にあるテーマなどを使用していると、現在表示されているページはどのテンプレートなのかわからないという場面があります。そういったときに、どのテンプレートが使用されているかをすぐわかるようにフロント側に表示させる方法です。

  • Posted on
  • WordPress
WordPress:コメントフォームのコメント入力欄を下部表示に(下部に移動)する方法

Read More

WordPress:コメントフォームのコメント入力欄を下部表示に(下部に移動)する方法

以前(といっても、もう大分前になりますが…)のWordPressであらかじめ用意されているコメントフォームは、上から 名前 → メールアドレス → URL → コメント という並びでしたが、4.4から並び順が変更されてコメントが名前などよりも上に表示されるようになりました。それを以前のように下部に表示(移動)させる方法です。

  • Posted on
  • WordPress
WordPress:body_class()使用時にスラッグ名を用いたクラスや直上・最上のスラッグを用いたクラスを追加する方法

Read More

WordPress:body_class()使用時にスラッグ名を用いたクラスや直上・最上のスラッグを用いたクラスを追加する方法

例えば、固定ページ作成時にスラッグを「foo」としたの場合は`.foo`が、スラッグを「bar」とした場合は`.bar`というように、WordPressで`body_class()`を使用した際にスラッグ名を用いたクラスも付与されるようにする方法です。また、子や孫のページのときに、親のスラッグ名を用いたクラスを付与する方法も併せて紹介します。

  • Posted on
  • WordPress
WordPress:Advanced Custom Fieldsの「関連」フィールドで、公開済みの投稿のみ表示させる方法

Read More

WordPress:Advanced Custom Fieldsの「関連」フィールドで、公開済みの投稿のみ表示させる方法

カスタムフィールドを扱いやすくするプラグイン「Advanced Custom Fields」で「関連」というフィールドタイプを利用することで関連記事を任意で選んで出力させることができますが、デフォルトだとその選択部分に下書きや非公開記事も含まれて表示されます。それを公開済みの投稿のみ表示させる方法です。

  • Posted on
  • WordPress
WordPress:Advanced Custom FieldsのWysiwygエディタをビジュアルとテキストで切り替えできるようにする方法

Read More

WordPress:Advanced Custom FieldsのWysiwygエディタをビジュアルとテキストで切り替えできるようにする方法

WordPressでカスタムフィールドを扱う際に非常に便利になるプラグイン「Advanced Custom Fields」では、フィールドタイプでWysiwygエディタを選ぶことが出来るようになっていますが、ビジュアルエディタのみが使える状態になっています。それを投稿画面などにあるWordPressnのデフォルトエディタのようにビジュアルとテキストで切り替えられるようにする方法です。

  • Posted on
  • WordPress
WordPress:テンプレートタグや関数などを外部で使用する方法

Read More

WordPress:テンプレートタグや関数などを外部で使用する方法

主に独自のプログラムで書かれていて且つそれがWordPress外に設置されているファイルだけどWordPressのテンプレートタグや関数を使用したい、サイト全体をWordPress化するわけではないけどヘッダー・フッターなどの共通部分をテーマ内で使用しているものにしたいなど、WordPressのテンプレートタグや関数などを外部ファイルで使用したいときに使える方法です。

  • Posted on
  • WordPress
WordPress:wp_enqueue_style()で出力されたlinkタグを自分好みに変更する方法

Read More

WordPress:wp_enqueue_style()で出力されたlinkタグを自分好みに変更する方法

備忘録。WordPressでCSSを読み込む際に使用される`wp_enqueue_style()`ですが、そのまま使用した場合は`id`や`type`といった属性が記述されていたり、末尾には閉じスラッシュがある状態で出力されます。またクォーテーションについてもシングルが使用されています。これらが原因で表示上で大きな問題が起きるということでもないですし、気にならない人も多いとは思いますが、レギュレーションなどでこれらの記述が禁止(ない方が好ましい)とか個人的にも削除して出力させたいということがたまにあるので。

  • Posted on
  • WordPress
WordPress:URLの自動補完リダイレクトを無効にする方法

Read More

WordPress:URLの自動補完リダイレクトを無効にする方法

WordPressには本来存在しないURLを指定したとしても、WordPress側で推測してユーザーがアクセスしたかったであろうURLにリダイレクトする機能があります。便利だと思う機能ではありますが、単純に存在しないURLはすべて404ページに飛ばす動きにする必要があったので、そのときの備忘録です。

  • Posted on
  • WordPress
WordPress:コメント投稿後に任意のページにリダイレクトさせる方法

Read More

WordPress:コメント投稿後に任意のページにリダイレクトさせる方法

WordPressでコメントが投稿された際、デフォルトではコメント投稿後もそのまま同じページが表示されていますが、これを任意のページにリダイレクトさせる方法です。わかりやすい用途としては例えばコメントを投稿してくれたお礼などの内容は書かれたサンキューページをあらかじめ用意しておいて、コメント投稿後はそこへリダイレクトさせるなどの利用方法があります。

  • Posted on
  • WordPress

NxWorld

Sorry... doesn't support your browser

To get the best possible experience using our site we recommend that you upgrade to a modern web browser.NxWorldではご利用中のブラウザサポートはしていません。
Internet Explorerのアップグレード行う、もしくはその他のブラウザを使用しての閲覧をお願いします。