WordPress:参考になるWordPress専門ギャラリーサイト+α

  • Posted on
  • Category : WordPress
WordPress:参考になるWordPress専門ギャラリーサイト+α

WordPressは世界的に有名なCMSだけあってカスタマイズの情報も豊富だし、手軽にいろいろな機能を実装できる便利なプラグインも沢山あるので、やろうと思えば本当に様々なサイトを作ることが可能なんですが、使ったことがない人やまだ使い始めて日が浅いという人は具体的にどのような感じのサイトが作れるかは想像が難しいかと思います。そんな時に参考になる、WordPressで作られたサイトだけを集めたギャラリーサイト幾つかと、それに関連して入れておくと便利なChromeエクステンションを紹介します。

参考になるWordPressギャラリー

WPデザインギャラリー

WPデザインギャラリー

日本のサイトに特化したWordPressギャラリーサイトで、現在444サイトが掲載されているようです。
カラー、レイアウト、コンテンツ内容、テイストの4つのカテゴリーから探すことができます。

WordClip

WordClip

コーポレートサイト・イベントサイト・ECサイト・公共機関などのサイトをまとめた、実務に役立つ日本語WordPressサイト事例集。
タグで探せる他、使用されていると思われるプラグイン情報(運営者の方の調査)も掲載しています。
現在168サイトが掲載されているようです。

WordPress Gallery

WordPress Gallery

海外のギャラリーサイトですが、紹介している中では特に有名なサイトというだけあって、現在3504サイトというかなりの数が掲載されているようです。
また、ギャラリーだけでなくWordPressに関する情報やチュートリアルのブログもあります。

WP Inspiration Gallery

WP Inspiration Gallery

同じく海外のギャラリーで、現在262サイトが掲載されているようです。
コンテンツ内容とカラーの2つのカテゴリーから探すことができます。

Back to top

おまけ:WordPressでつくられたサイトかをチェックできるChromeエクステンション「Chrome Sniffer」

ソースを見てwp-contentがあるかないかでWordPressで作られたかどうか判断するというのを見かけますが、わざわざそんな面倒なことをしなくても確認できるのがこの「Chrome Sniffer」というエクステンションです。
導入方法も使い方も簡単ですぐに使えますので、以下で簡単ですが紹介します。

※Chromeが入っていない方は、予め「こちら」よりダウンロードしてください。

1.Chrome Snifferをダウンロードする

Chromeエクステンション「Chrome Sniffer」をダウンロード

まずはこちらより、Chrome Snifferをダウンロードします。
たったこれだけで準備は完了です。

2.確認したいサイトにアクセスする

確認したいサイトにアクセスする

画像はこのブログでChrome Snifferを使ったところをキャプチャしたもので、ダウンロード後にサイトにアクセスすると画像の左側のようにアドレスバーにアイコンが出てきます。
このブログはWordPressで作成していますので、このようにWordPressのロゴが出てきます。

また、表示されているアイコンをクリックすると、その他の情報を表示することもできます。
例えば、TwitterやFacebook、Google FontのAPIなどを使用しているか、使用しているjQueryのバージョン、WordPressだけでなくMovable TypeやDrupalといった他のCMSを使っているかなどの確認もできます。
使用されているものを確認するだけではなく、それぞれのアイコンにはリンクが設定されているので、自分があまり見たことないものであればアイコンをクリックすることで各サービスやツールのサイトへと飛ぶこともできます。

Back to Top

NxWorld

Sorry... doesn't support your browser

To get the best possible experience using our site we recommend that you upgrade to a modern web browser.NxWorldではご利用中のブラウザサポートはしていません。
Internet Explorerのアップグレード行う、もしくはその他のブラウザを使用しての閲覧をお願いします。