WordPress:ページや記事ごとに個別のCSSやJavaScriptを追加する方法

  • Posted on
  • Category : WordPress
WordPress:ページや記事ごとに個別のCSSやJavaScriptを追加する方法

WordPressでページや記事ごとに個別のCSSやJavaScriptを追加したい時に役立つカスタマイズをメモ兼ねて紹介します。

他のページでも使うような共通のスタイルだったり、かなり長くなってしまうような場合はもちろん外部で読み込む方が良いと思いますが、何かちょっとしたスタイルを指定するぐらいであれば結構便利なカスタマイズだと思います。
(例えば文字の色を赤にするとか、強調したいから太字指定するとか…)
以下で紹介する方法はfunctions.phpを使用しますので、テーマ内にfunctions.phpがない場合は作成してください。

CSSを追加できるようにする

CSSを追加できるようにする場合は、以下をfunctions.phpに記述します。

functions.php

//Custom CSS Widget
add_action('admin_menu', 'custom_css_hooks');
add_action('save_post', 'save_custom_css');
add_action('wp_head','insert_custom_css');
function custom_css_hooks() {
	add_meta_box('custom_css', 'Custom CSS', 'custom_css_input', 'post', 'normal', 'high');
	add_meta_box('custom_css', 'Custom CSS', 'custom_css_input', 'page', 'normal', 'high');
}
function custom_css_input() {
	global $post;
	echo '<input type="hidden" name="custom_css_noncename" id="custom_css_noncename" value="'.wp_create_nonce('custom-css').'" />';
	echo '<textarea name="custom_css" id="custom_css" rows="5" cols="30" style="width:100%;">'.get_post_meta($post->ID,'_custom_css',true).'</textarea>';
}
function save_custom_css($post_id) {
	if (!wp_verify_nonce($_POST['custom_css_noncename'], 'custom-css')) return $post_id;
	if (defined('DOING_AUTOSAVE') && DOING_AUTOSAVE) return $post_id;
	$custom_css = $_POST['custom_css'];
	update_post_meta($post_id, '_custom_css', $custom_css);
}
function insert_custom_css() {
	if (is_page() || is_single()) {
		if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post();
			echo '<style type="text/css">'.get_post_meta(get_the_ID(), '_custom_css', true).'</style>';
		endwhile; endif;
		rewind_posts();
	}
}

JavaScriptを追加できるようにする

JavaScriptを追加できるようにする場合は、以下をfunctions.phpに記述します。

functions.php

//Custom JS Widget
add_action('admin_menu', 'custom_js_hooks');
add_action('save_post', 'save_custom_js');
add_action('wp_head','insert_custom_js');
function custom_js_hooks() {
	add_meta_box('custom_js', 'Custom JS', 'custom_js_input', 'post', 'normal', 'high');
	add_meta_box('custom_js', 'Custom JS', 'custom_js_input', 'page', 'normal', 'high');
}
function custom_js_input() {
	global $post;
	echo '<input type="hidden" name="custom_js_noncename" id="custom_js_noncename" value="'.wp_create_nonce('custom-js').'" />';
	echo '<textarea name="custom_js" id="custom_js" rows="5" cols="30" style="width:100%;">'.get_post_meta($post->ID,'_custom_js',true).'</textarea>';
}
function save_custom_js($post_id) {
	if (!wp_verify_nonce($_POST['custom_js_noncename'], 'custom-js')) return $post_id;
	if (defined('DOING_AUTOSAVE') && DOING_AUTOSAVE) return $post_id;
	$custom_js = $_POST['custom_js'];
	update_post_meta($post_id, '_custom_js', $custom_js);
}
function insert_custom_js() {
	if (is_page() || is_single()) {
		if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post();
			echo '<script type="text/javascript">'.get_post_meta(get_the_ID(), '_custom_js', true).'</script>';
		endwhile; endif;
		rewind_posts();
	}
}

CSSとJavaScriptの両方を追加できるようにしたい場合は両方を記述してください。
記述後に投稿画面を見てもらえると、以下のようなフィールドが追加されていると思います。
画像はCSSとJavaScript両方を追加できるようにした状態のものです。

CSSとJavaScript両方を追加できるようにした状態

CSSであれば「Custom CSS」、JavaScriptであれば「Custom JS」にそれぞれ記述すれば各ページのhead内に記述されます。
また、「Custom CSS」「Cuntom JS」という項目名の部分をわかりやすく変更したい場合は、それぞれ上記ソースの6、7行目の部分で変更することができます。

Back to Top

WordPress:ページや記事ごとに個別のCSSやJavaScriptを追加する方法

WordPress:ページや記事ごとに個別のCSSやJavaScriptを追加する方法

/ WordPress

Tagged with:

NxWorld

Sorry... doesn't support your browser

To get the best possible experience using our site we recommend that you upgrade to a modern web browser.NxWorldではご利用中のブラウザサポートはしていません。
Internet Explorerのアップグレード行う、もしくはその他のブラウザを使用しての閲覧をお願いします。