WordPress:手軽にアンケートフォームを設置できるプラグイン「WP-Polls」

  • Posted on
  • Category : WordPress
WordPress:手軽にアンケートフォームを設置できるプラグイン「WP-Polls」

有名なので使ったことある人も多いと思いますが、自分で実際に試したことがなかったので使い方など備忘録。「WP-Polls」はアンケートフォームを手軽に設置することができるWordPressプラグインで、やろうと思えば見栄えなども自分好みにいろいろカスタマイズできたり、集計結果もフィルタリングして確認することができます。

※紹介している内容やキャプチャなどは、WordPress Ver 3.8.1で使用した際のものになります。

WordPress:手軽にアンケートフォームを設置できるプラグイン「WP-Polls」 目次

  1. インストール・有効化
  2. 日本語化する
  3. アンケートを作成する
  4. 作成したアンケートや集計結果を閲覧する
  5. 各種設定
  6. 表示方法
    1. ウィジェットを使用
    2. ショートコードを使用
    3. テンプレートで使用

1. インストール・有効化

  1. 管理画面のプラグインから「WP-Polls」を検索してインストール、もしくは「WP-Polls」からダウンロードしてFTPなどを使用してアップロード。
  2. プラグインを有効化するとメニューに「Polls」という項目が追加され、そこで作成したアンケートの確認や設定などを行う。

目次へ

2. 日本語化する

記事内の説明時の項目名やキャプチャなどはプラグインをそのまま使用しているために全て英語になっていますが、以下サイトで配布しているmoファイルを紹介されている手順通りに配置すれば簡単に日本語化することができます。
また、配布されている中にはpoファイルも同梱されており、それを用いれば一部を変更したい時も好きに変更することができます。

目次へ

3. アンケートを作成する

Add Poll

新しいアンケートは「Add Poll」から作成することができ、まずは「Poll Question」は質問、「Poll Answers」では答えを指定していきます。
Answerの項目は初期状態では2つまでしか表示されていませんが、もっと増やしたい場合は「Add Answer」を選択すると増やすことができ、逆に間違えて増やしてしまったものや消去したい回答があるという場合は各入力欄横にある「Remove」で回答を消去することができます。

「Poll Multiple Answers」は複数選択に関する設定箇所で、「Allows Users To Select More Than One Answer?」はユーザーが複数回答できるかどうか、「Maximum Number Of Selected Answers Allowed?」は複数回答を有効にしていた場合、最大いくつまで選択することができるかをそれぞれ設定することができます。

「Poll Start/End Date」はそのアンケートの開始日と終了時設定することができ、時間の指定は年月日だけでなく秒単位まで指定可能です。
また、デフォルトでは終了時間は特にないという設定になっていますが、この時間を過ぎたら自動でアンケートを閉じたいという場合は、「End Date/Time」にある「Do NOT Expire This Poll」のチェックを外すとStart Dateと同様に設定項目が出てきて設定することができます。

全ての設定が終わったら「Add Poll」で保存・作成することができます。

目次へ

4. 作成したアンケートや集計結果を閲覧する

Manage Polls

作成したアンケートの確認・編集・削除を行いたい時やそれぞれのアンケートの集計結果などを閲覧したい場合は「Manage Polls」で確認することができ、後述しますがショートコードやテンプレートに記述して使用する際に必要になるID情報もここで確認をします。
また、アンケートの集計結果は回答毎やユーザーでフィルタリングして確認することができます。

目次へ

5. 各種設定

デフォルトのままでも問題なく使用できますが、どうせなら自分好みにカスタマイズしたいという場合は「Poll Options」や「Poll Templates」でいろいろとカスタマイズすることができます。

細かい設定などは「Poll Options」

Poll Options

「Poll Options」では回答数を表すバーのデザイン・ログ設定の有無・表示順・アーカイブページでの表示数やURL指定などを行うことができます。

見栄えや文言を変更したい場合は「Poll Templates」

Poll Templates

「Poll Templates」では初期表示や回答後など動作を行った後のテンプレートを変更することができ、表示される文言を日本語にしたいなどの場合もこちらで変更することができます。
編集ページ上部にはテンプレートで使用できるタグが一覧で表示されているので、それらを使用しながらテンプレートを作っていけば完全に自分好みのアンケートフォームを作成することも可能です。
また、万が一カスタマイズしたテンプレートが大きく崩れてしまったりで元に戻したくなった場合も、それぞれのテンプレート編集部分にある「Restore Default Template」を押せばデフォルトのソースへ簡単に戻すことができます。

目次へ

6. 表示方法

いずれも記載されているものなのでもっと詳しく知りたい方は「Installation」で直接確認してもらえればと思いますが、表示させる方法としては以下の3つがあります。

6-1. ウィジェットを使用

ウィジェットを使用して表示

ウィジェットを有効にしている場合は「Polls」というウィジェットが追加され、それを表示させたい箇所にドラッグすれば簡単に表示させることができます。
「Display Polls Archive Link Below Poll?」ではアーカイブへのリンク表示の有無を指定し、「Poll To Display:」部分でどのアンケートを表示させるかの指定を行います。
表示させるアンケートは普通に指定するだけでなく最新のアンケートやランダム表示という選択もできます。

目次へ

6-2. ショートコードを使用

ショートコードを使用して表示させる場合は各アンケートのID指定で設置することができ、例えばIDが「3」のアンケートを設置したい時は下記のように記述します。
(アンケートのIDは「Manage Polls」で確認することができます)

[poll id="3"]

また、ショートコードの場合でもアンケートをランダム表示させることは可能で、その際はIDを指定する箇所に下記のように「-2」を指定することで実装できます。

[poll id="-2"]

上記2つはいずれも初期表示でアンケートを表示させるものでしたが、初期表示で結果を表示させるということもでき、例えばIDが「3」のアンケートを初期状態で結果が表示されている状態で設置したい時は下記のように記述します。

[poll id="3" type="result"]
エディタにアイコンが追加される

ショートコードはそのまま記述するのでももちろん問題はありませんが、プラグインを有効化した際に上記画像のようにエディタにアイコンが追加されるので、クリックして表示されたダイアログにIDを入力すれば出力してくれます。

目次へ

6-3. テンプレートで使用

ウィジェット等を使用しておらず、直接テンプレートに記述して表示させたいという場合もショートコードと同様でID指定で設置することができ、例えばIDが「3」のアンケートを設置したい時は下記のように記述します。
(アンケートのIDは「Manage Polls」で確認することができます)

<?php get_poll(3); ?>

また、こちらもショートコードの時と同様でアンケートをランダム表示させることも可能で、その際もやはり同様でIDを指定する箇所に下記のように「-2」を指定することで実装できます。

<?php get_poll(-2); ?>

目次へ

以下は実際に表示した際のキャプチャで、テーマがTwenty Fourteenの場合はこのような感じでそれぞれ表示されます。

アンケートフォームと集計結果それぞれのデフォルトの見栄え

冒頭にも書いたように手軽に設置できますし、見栄えなども特に難しくなくいろいろと自分好みにカスタマイズできるので、簡易的なアンケートを設置したい場合には非常に便利なプラグインだと思います。
また、古い情報も多いのでじっくり見たわけではないですがサポートフォーラムなどもあるようなので、わからない部分とかあればそれらを追って解決策を見つけることもできそうです。

Back to Top

NxWorld

Sorry... doesn't support your browser

To get the best possible experience using our site we recommend that you upgrade to a modern web browser.NxWorldではご利用中のブラウザサポートはしていません。
Internet Explorerのアップグレード行う、もしくはその他のブラウザを使用しての閲覧をお願いします。