EC-CUBE 2.X:商品名などで長くなったテキストを省略する方法

CMS

EC-CUBE 2.X:商品名などで長くなったテキストを省略する方法

引き続きEC-CUBEの備忘録です。
商品のタイトルや紹介文が指定した文字数以上になったときに「...」などを表示して、見栄えを揃える方法です。
jQueryを使うとかCSSのtext-overflowなんかでも同じ事はできますが、Smartyを使って実装するものになります。

※EC-CUBEのバージョンはVersion 2.12.3になります。

一部の商品の文字が長くて、バランスが悪くなる...

画像はデフォルトのテンプレートで登録されているサンプル商品の「アイスクリーム」のタイトルと説明文を長くしたものです。
見栄えを気にしないのであればこのままでも良いですが、他の商品とのバランスも考えてタイトル、商品説明文をそれぞれ2行で収まるぐらいの文字数になるよう設定し、更に省略された部分は「…」を表示させるようにします。

今回サンプルとして変更するこの部分は「おすすめ商品」というブロックで表示されているので、管理画面の「デザイン管理 → PC → ブロック設定 → おすすめ商品」からテンプレートを変更します。
FTPなどの場合は/data/Smarty/templates/default/frontparts/bloc/内のrecommend.tplが該当ファイルになります。

recommend.tpl

<div class="productContents">
  <h3>
    <a href="<!--{$smarty.const.P_DETAIL_URLPATH}--><!--{$arrProduct.product_id|u}-->"><!--{$arrProduct.name|h}--></a>
  </h3>
  <p class="sale_price">
    <!--{$smarty.const.SALE_PRICE_TITLE}-->(税込): <span class="price"><!--{$arrProduct.price02_min_inctax|number_format}--> 円</span>
  </p>
  <p class="mini comment"><!--{$arrProduct.comment|h|nl2br}--></p>
</div>

上記はコードの一部を抜き出したもので、h3がタイトルを出力している部分、p class="mini comment"が紹介文を出力している部分になります。
これをそれぞれ下記のように変更します。

recommend.tpl

<div class="productContents">
  <h3>
    <a href="<!--{$smarty.const.P_DETAIL_URLPATH}--><!--{$arrProduct.product_id|u}-->"><!--{$arrProduct.name|mb_substr:0:20|h}--><!--{if $arrProduct.name|mb_strlen > 20}-->...<!--{/if}--></a>
  </h3>
  <p class="sale_price">
    <!--{$smarty.const.SALE_PRICE_TITLE}-->(税込): <span class="price"><!--{$arrProduct.price02_min_inctax|number_format}--> 円</span>
  </p>
  <p class="mini comment"><!--{$arrProduct.comment|mb_substr:0:30|h|nl2br}--><!--{if $arrProduct.comment|mb_strlen > 30}-->...<!--{/if}--></p>
</div>

上記コードに変更(ハイライト部分が変更箇所)することで、タイトルは最大文字数が20文字でそれ以上は「…」を表示、商品説明は最大文字数が30文字でそれ以上は「…」が表示されるようになり、見栄えを確認すると以下のようになります。

長すぎるテキストを省略して、「...」を表示

文字数を変更する場合はそれぞれ数値を任意のものに変更し、省略時に表示したいテキストもifの部分で変更ができます。
今回はトップページに表示されている「おすすめ商品」をサンプルにしましたが、Smartyであれば商品一覧などの他のテンプレートでも実装できます。

Posted on

Category : CMS

Close the search window,
please press close button or esc key.