主にこれからPhotoshopを使い始めようと思っているとか使い始めたばかりという人向けに、知っておくと便利な機能を紹介します。
ひとつひとつはちょっとしたことでも多用するのであれば覚えておくことでより効率よく作業することができますし、中には使いこなすことができれば大幅な作業時間の短縮に繋がるものもあります。

ここで紹介しているのは「Adobe Photoshop CC 2017」を使用した想定のものになります。
その他のバージョンを使用している場合は一部使用できない機能があったり、機能自体はあってもメニュー位置や設定方法などが若干異なっている可能性があります。

ショートカットを活用する

photoshop useful functions 01

特定のキーでツールを選択状態にしてすぐ使えるようにしたり、メニューから選んで実行していくようなものを即座に実行できるようになど、Photoshopには様々なショートカットが用意されており、普段からよく利用するものだけでも覚えておくことで作業効率を上げることができます。
ほんの一部ではありますが、下記エントリーでは特にPhotoshopをこれから使い始めようと思っている人向けの基本的なものを中心に紹介しているので、興味ある方はご覧になってみてください。

また、Photoshopはもともと用意されているショートカットを利用するだけでなくオリジナルでショートカットを設定することもでき、デフォルトでは用意されていないけど自分はよく使うという機能や既に用意はされているけどもより楽に使えるようにしたいというときは、自身好みにショートカットを設定することでさらに使いやすくすることができます。
オリジナルのショートカットを設定する方法については、下記エントリーで実際の設定例と併せて紹介しています。

複数のレイヤーの表示・非表示を素早く切り替える

表示アイコンをクリックしながらドラッグ

表示アイコンをクリックしながらドラッグして、複数のレイヤーの表示・非表示を素早く切り替えるイメージ

レイヤーやグループの表示・非表示を切り替える場合はレイヤーパネルにある表示アイコン(目のアイコン)をクリックして切り替えることが可能ですが、複数のレイヤーやグループを素早く切り替えたい場合は、表示アイコンが表示されている箇所をドラッグすることで一気に表示・非表示を切り替えることができます。

表示アイコンをAlt/option + クリック

表示アイコンをAlt/option + クリックして、複数のレイヤーの表示・非表示を素早く切り替えるイメージ

特定のグループやレイヤー以外の表示・非表示を一気に切り替えたい場合は、WinならAltを、Macならoptionを押しながら表示アイコン(目のアイコン)をクリックすると容易に切り替えることができます。

グループや効果の一括開閉

効果を適用しているレイヤーが多数並んでいるとかグループ内にレイヤーやグループが複数入れ子になっている状態のレイヤーパネルは非常に見づらくて目的のレイヤーなども探しにくいです。
そのようなときに便利なのがレイヤーパネルの一括開閉機能で、WinならAltを、Macならoptionを押しながら親となるグループで開閉を行うと、その中にあるグループやレイヤー効果などの開閉を一気に行うことができます。

例えば、あるグループの中で複数のグループが展開されている状態で配置されており、さらにレイヤー効果も同じように展開されている状態で配置されているとき、Alt(Win)/ option(Mac)を押しながら親グループを閉じるとその中で展開されていたグループやレイヤー効果などがすべてが閉じられた状態になります。
逆に閉じられたグループをキーを押しながら選択すると、グループやレイヤー効果などがすべて展開された状態になります。

また、使用できるのは第一階層にあるグループ限定ではありますが、WinならCtrlを、Macならcommandを押しながらグループの開閉を行うと、第一階層にあるグループの開閉を一括で行うことができます。

例えば、グループがすべて開いている状態で行うと選択したものに限らず第一階層にある全グループが閉じ、逆にすべて閉じられている状態で行えば開いた状態になります。
入れ子になっているグループやレイヤー効果などの展開状態はそのままだったりと、レイヤーパネルをスッキリさせたいときは先述した方法のが使い勝手が良いですが、単純に第一階層にあるグループを開閉したいだけというときに使えます。

カンバス上で素早く要素を複製

グループやレイヤーを複製したい場合は、レイヤーパネルでコピー操作などをしなくとも複製したいグループやレイヤーが選択されており且つ移動ツールが選択されている状態でWinならAltを、Macならoptionを押しながらカンバス上の要素をドラッグすることで素早く複製できます。

自動選択を有効化して、目的のグループやレイヤーを素早く選択

自動選択部分を示すイメージ

移動ツールが選択されている状態でウィンドウ左上に表示される「自動選択」にチェックを入れると、わざわざレイヤーパネルから目的のレイヤーなどを探さなくともカンバス上にある要素をクリックすることで容易にそのレイヤーが選択されている状態にできます。
また、基本的にレイヤーが選択できるという動きは変わりませんが、上のイメージで自動選択の横にレイヤーと記載されている箇所はその際の対象を選択でき、この選択肢をグループにしておくことで例えば選択したものが特定のグループ内のレイヤーであれば、そのレイヤーではなくグループが選択対象となる動きになります。

レイヤースタイルを他のレイヤーに適用したりコピーする

特定のレイヤーに適用されているレイヤースタイルを他のレイヤーにも適用したい場合、まずレイヤーパネルでレイヤースタイルが付いているレイヤーで「右クリック > レイヤースタイルをコピー」を行い、その後適用したいレイヤーで「右クリック > レイヤースタイルをペースト」という流れで可能ですが、沢山のレイヤーに対して行う場合はこの動作をいちいち行うのは面倒です。

レイヤースタイルアイコンを示すイメージ

これを楽に行いたい場合は、レイヤースタイルを示すアイコン部分(イメージで丸く囲んでいる部分)をドラッグで掴んで適用したいレイヤーに持っていくことで、簡単にレイヤースタイルを他のレイヤーに適用させることができます。

また、レイヤースタイルをコピーするような形にしたい場合は、WinならAlt、Macならoptionを押しながらドラッグで掴んで同じく適用したいレイヤーに持っていけば、元レイヤーのレイヤースタイルはそのままで他のレイヤーにレイヤースタイルを適用させることができます。

不要なレイヤーを一気に削除する

レイヤーパネルのメニューアイコンを示すイメージ

不要なレイヤーやグループを非表示にしておき、その後レイヤーパネルのメニュー(イメージで丸く囲んでいるぶ部分)内にある「非表示レイヤーを削除」を選択すると、先ほど非表示にしていたものを一気に削除することができます。
作業中キリが良いときや作業完了後などでレイヤー整理したいときに便利です。

テキスト周りで使える小技

既存テキスト付近で新規テキストを入力する

普段からPhotoshopを使用しているなら一度は経験したことあると思いますが、既にテキストが設置されている付近で新たなテキストを設置したいと思ったとき、通常の方法で行おうとすると既に設置されているテキストを編集するのと勘違いされてしまうということがあり、それを回避するために本来は近くに置きたいのにわざわざ離れたところでテキストを入力して目的の箇所に移動させるみたいなことがあります。(僕だけですかね...)
これはWin・Macともにshiftを押しながらテキスト入力を行えば回避することができ、例えば既存テキストの真上で入力を行った場合でも新規のテキストとして入力されるようになります。

ダミーテキスト(Lorem Ipsum)を表示

デザイン制作の着手直後やワイヤーフレーム制作時など、原稿がまだ確定していないけどデザインのバランスを見るために取り急ぎダミーテキストを挿入しておくということは多いと思います。
Photoshopにはその際に便利な機能としてLorem Ipsumを挿入する機能があり、テキストが欧文で構わないのであればメニューの「書式 → Lorem Ipsum をペースト」で「Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, ~」という感じのダミーテキストを簡単に挿入させることができます。

ちなみに、これを多用するのであればキーボードショートカットに登録しておくとより便利です。
キーボードショートカットの登録はメニューの「編集 > キーボードショートカット」から行い、「書式」の項目を展開すると下の方に「Lorem Ipsum をペースト」という項目があると思うので、そこで任意でキーボードショートカットを登録しておけば次から容易にLorem Ipsumを挿入することができます。

テキストの入力解除

単純にテキスト入力状態を解除したいときは別のツールを選ぶとかウィンドウ上に表示されている◯を選択して作業を確定させるという方法を利用すれば良いですが、例えば別の箇所で引き続きテキストモードを使うために一時的に入力状態を解除したいとかであれば、WinならCtrl + Enter、Macならcommand + returnを使えばテキストモードのままで現在の入力状態を簡単に解除することができます。

バードアイビュー

例えばズーム状態で作業していて少し離れた他の部分でも同じようにズーム状態で作業したいとき、一般的なズームを利用した場合は一旦ズームアウトして目的の箇所に移動(ズームアウト状態の方がカンバスを大きく移動できるため)してまたズームインといった動作を行う必要があるのですが、その際にバードアイビューの機能を利用することで、この「ズームアウト → 移動 → ズームイン」の動作を楽に行うことができます。

使い方はWin・MacともにHを押しながらクリックすると一旦ズームアウトされるので、そこでドラッグを使って表示領域を移動して目的の箇所を選択した後クリックを解除すれば、再びズームされた状態でその箇所に移動できるという動きになります。
一時的にデザイン全体のバランスを見たいときなど、覚えておくと割と便利に感じることが多いです。

ウィンドウアレンジを使う

ウィンドウアレンジ使用時のイメージ

常に全体のバランスを確認できる状態にしつつ作業したいときなどは、ウィンドウのアレンジ機能を使うのが便利です。
上のイメージは実際に使用した際のキャプチャで、パッと見は2つのファイルが開かれているように見えますがどちらも同じものが開かれており、この場合は左側ウィンドウではズームして作業箇所のみが表示された状態で、右側ウィンドウではデザイン全体が表示された状態になっています。
このようにしておくと先述したように開かれているのは同じファイルなので、左側のウィンドウで細かい作業をしつつ、全体の見栄えを確認したくなったら右側のウィンドウですぐ確認ということが可能になります。

ウィンドウアレンジを使用する際は、まずメニューの「ウィンドウ > アレンジ」の下の方にある「〇〇の新規ウィンドウ」(〇〇は開いているファイル名が入ります)を選択して新しくウィンドウを作成し、その後同じく「ウィンドウ > アレンジ」にある「すべてを左右に並べる」や「2アップ - 横」などから任意のものを選択すれば上のイメージのような見栄えになります。

描画モードのショートカット

レイヤーの描画モードを変更はレイヤーパネルにある項目から行うことができますが、描画モードにはそれぞれショートカットが設定されており、よく多用するものだけでも覚えておくと容易に指定できて便利です。 一部紹介するとショートカットは下記のような形で指定できます。

WinではoptionとなっているのをAltに置き換えてもらえれば使用できます。

通常

shift + option + N

乗算

shift + option + M

焼き込みカラー

shift + option + B

オーバーレイ

shift + option + O

カラー

shift + option + C

基本的に「shift + option + α」という感じのショートカットになっており、その他の指定方法については下記ショートカット一覧ページで確認できます。
ページ上部にフィルターが用意されているので、そこで「描画モードでの使用」を選択すればWin・Macともに全描画モードのショートカットを確認できます。

また、特定の描画モードを直接指定するだけでなくWin・Macともにshift + + or -で描画モードをひとつずつ切り替えることも可能で、ひとつずつ試して見栄えを確認したいときなどはこちらが便利です。

レイヤーロックは「位置ロック」を使う

要素が動いてしまったり編集されてしまうのを防ぐためにロック機能を使用する際、一番の目的が動いてしまうのを防ぐためなのであれば位置ロックを使うのがおすすめです。
「すべてをロック」の場合は動かなくなるのはもちろん、そのレイヤーの編集についてもすべてできなくなるのに対し、位置ロックの場合はその名の通り位置を固定するだけのものになるので、例えば表示をずらしたくないけどテキスト変更やフィルター適用といった編集が今後も多いといった部分には位置ロックの方が適しています。

ちなみに、ロックの設定・解除は切り替えたいレイヤーが選択されている状態で/のショートカットを使うことで容易に切り替え可能です。

シェイプを綺麗に描く

シェイプの端部分の拡大イメージ

上のイメージのようにシェイプを描く際に境界線がぼやけてしまうというときは、メニューの「編集 > 環境設定 > ツール」内にある「ベクトルツールと変形をピクセルグリッドにスナップ」にチェックを入れることでシェイプ作成時やサイズ変更時の数値が整数になり、わざわざぼけないようにそれ用のガイドを引いて作成するみたいなことも必要なくなります。

細かい調整を行うときには逆にこの機能が邪魔に感じてしまうこともあるかもしれませんが、簡単にシェイプを綺麗に描くことができるので個人的にはチェックを入れておくのがおすすめです。

アクションを使って同じ操作を楽にする

例えば、未加工の画像が複数あり、それらすべてを特定の解像度に変更して且つ補正やフィルターをかけていく場合、1, 2枚ならともかくそれが何十枚とあるといくら同じ動作とはいえ毎回行うのは面倒です...。
このように同じことを繰り返し行うときに便利なのがアクション機能で、先ほど例にあげたような動作をアクションとして登録しておけば、あとはそのアクションを再生させるだけで指定した動作を行ってくれるようになり、場合によっては大幅に作業時間の短縮に繋げることができるようになります。
また、バッチコマンドを利用して特定のフォルダ内にあるファイルに一括適用させたり、条件によって少し動きを変更する条件付きアクションなども作成可能です。

アクションの作成や再生など、基本的な使用方法については下記ページで紹介されているのでこちらを参考にしてください。

また、Photoshopのアクションはフリー素材として配布されているものも多く、例えば簡単にInstagramの各種フィルターっぽく見せることができるものやビンテージ風に加工できるもの、スキンレタッチに便利なものなど様々なものがあります。
下記はいずれも複数のアクションがセットになっていたり便利なアクションをまとめているエントリーになるので、興味ある方はチェックしてみてください。

スマートオブジェクトを活用する

スマートオブジェクトを示すイメージ

スマートオブジェクトとはラスターやベクトルの画像データを含んだレイヤーのことで、スマートオブジェクトを使うことで元コンテンツを保持するため非破壊編集を行うことが可能になります。

スマートオブジェクト化されたものはこのイメージにあるようなアイコンがつきます。(イメージはサムネイル表示時)

使用する際はレイヤーパネルであれば適用したいレイヤーで右クリックして「スマートオブジェクトに変換」、メニューであれば「レイヤー > スマートオブジェクト > スマートオブジェクトに変換」を選択します。 スマートオブジェクトの具体的な使用方法や特徴としては例えば下記のようなものがあります。

画像などの劣化を防げる

例えば、ラスター画像をサイズ調整しつつ配置したいときに一度画像を縮小完了した後に再度拡大を行おうとすると、それがサイズ調整前の本来のサイズより小さいサイズだったとしても画像が劣化された状態になってしまいます。
このようにサイズ調整を行う可能性があるものなどはスマートオブジェクトにしておくと便利で、スマートオブジェクト化された画像であれば劣化させることなく拡大縮小を繰り返すことができます。

スマートフィルターが使える

スマートフィルターとはスマートオブジェクトに適用できるフィルターのことで、レベル補正やトーンカーブなどを元画像を変更せずに適用したり調整することができます。
また、不要になった場合はフィルターを消すだけで元の状態に戻すことができますし、一時的に無効化するといったことも容易にできます。

まとめて修正できる

例えば、同じ見た目のアイコンをカンバス内に10個配置してあるとき、修正が発生した際などにそのアイコンがラスター形式になっていると「デザイン修正 → 修正したものをコピー → 配置し直す」といったような作業が発生してしまいます。
このようにデザインを合わせた要素を複数配置するようなときにも予めスマートオブジェクト化しておくと便利で、スマートオブジェクトとして配置しておけば修正などが発生した際もひとつ修正するだけですべてにその変更が適用されるようになります。

クリッピングマスクを活用する

クリッピングマスクを示すイメージ

クリッピングマスクとは特定のレイヤーの透明部分を利用してその上に配置してあるレイヤーが切り抜かれたような見せ方をすることができるマスク機能のひとつです。

クリッピングマスクが適用されたものはこのイメージのような見栄えになります。(イメージはサムネイル表示時)

使用する際はレイヤーパネルであれば適用したいレイヤーで右クリックして「クリッピングマスクを作成」、メニューであれば「レイヤー > クリッピングマスクを作成」を選択する方法があります。

クリッピングマスク適用時のイメージ

上のイメージ右にある適用後だけ見ると画像を切り抜いたように見えますが実際には切り抜き処理などはされていないので、クリッピングマスクを解除すれば画像は元の状態へ簡単に戻すことができますし、さらに表示部分の位置調整などに関しても容易に行うことが可能です。
また、ここではシェイプを使う形で紹介しましたが、テキストと組み合わせたりブラシで描かれたものと組み合わせたりすることもできます。

手軽にクリッピングマスクを適用

手軽にクリッピングマスクを適用できるのを示すイメージ

上でクリッピングマスクを使用する際の方法としてメニューなどを辿る形で紹介しましたが、以下の方法でもっと手軽に行うことができます。

クリッピングマスクを適用したいレイヤーとその下のレイヤーの境界部分をWinならAlt、Macならoptionを押しながらカーソルを持っていくとイメージのようなカーソルに切り替わるので、そこでクリックすればクリッピングマスクを適用することができます。

また、ショートカットも存在しており、適用したいレイヤーが選択されている状態でWinならCtrl + Alt + G、Macならcommand + option + Gを使用すると、その下にあるレイヤーにクリッピングマスクを適用され、既に適用されているものに使用するとクリッピングマスクを解除する動きになります。

非破壊編集を活用する

非破壊編集とは元画像を上書きすることなく様々な効果を適用できるものになり、具体的には「調整レイヤー」や「スマートフィルター(スマートオブジェクトに適用したフィルター)」などがそれにあたります。
非破壊編集を使うことで、例えば効果の付け方を間違えたときも元画像はそのままなので効果を消すだけで元に戻すことが可能ですし、何らかの理由で一時的に効果を無効にしておくといったことも可能になり、わざわざ編集するために元画像を非表示にしてとっておくといったこともする必要はなくなります。

黒で塗りつぶしたレイヤーマスク追加する

通常のレイヤーマスクを追加した場合と黒で塗りつぶしたレイヤーマスク追加した場合とを示すイメージ

単純に「レイヤーマスクを追加」をクリックした場合は全体が白で塗りつぶした状態のマスクが追加されますが、WinならAltを、Macならoptionを押しながら「レイヤーマスクを追加」をクリックした場合は全体が黒で塗りつぶした状態で追加されます。

定規や要素サイズの数値単位を変更する

ルーラー部分を右クリックした際の表示イメージ

定規はルーラーが表示されている部分で右クリック、要素はサイズ変更時などに上部に表示される数値表示部分を右クリックで単位の一覧が表示されるようになっており、そこを任意のものに切り替えれば数値単位を簡単に変更することができます。

カンバスの中心にガイドを引く

「表示 → 新規ガイドレイアウトを作成」で列・行それぞれの数を2に指定し、幅・高さ・間隔の値はすべて削除して「OK」を押すと、上下左右の中央にそれぞれガイドが引くことができ、カンバスの中心がどこなのかがわかりやすくなります。

ブラシや消しゴムツールのサイズや硬さを変更する

ブラシや消しゴムツールのサイズや硬さは、ショートカットを利用することでわざわざブラシプリセットピッカーを開かなくても手軽に変更することが可能で、Win・Macともに[ or ]でサイズを変更でき、shift + [ or ]で硬さを変更することができます。

また、同じくサイズや硬さを手軽に変更する方法としてドラッグを利用する方法もあり、こちらはより細かく自分好みに設定したいときに便利です。
使い方はWinならAlt + 右クリック + ドラッグ、Macならcontrol + option + ドラッグという形で使用し、いずれも左右でドラッグすればサイズが変更され、上下でドラッグすれば硬さが変更されます。

数値調整を素早く行う

テキストのサイズや行送り設定、レイヤーパネルの不透明度や塗り、ブラシのサイズや硬さなど、数値を指定できるようになっている箇所は任意の数値を入力するだけでなくキーボードので数値を調整することも可能ですが、その際にWin・Macともにshiftを押しながら行うと基本1ずつ増減するような箇所でも10ずつ増減させることができます。
で細かい調整を行いつつも一時的に大きく数値を動かしたいというときに使えます。

シャドウ(レイヤースタイル)の角度と距離を直接編集する

レイヤースタイルにある「シャドウ(内側)」と「ドロップシャドウ」を使用する際、角度と距離を変更する場合はそのままレイヤースタイル使用時に表示されるウィンドウ内で操作するという人が多いと思いますが、実はこれらについてはカンバス上でドラッグすることで直接編集することもできます。

例えば、レイヤースタイルのウィンドウで開いている状態で「境界線」や「カラーオーバーレイ」を選択している場合ではカンバス上にカーソルを持っていくと手のひらツール時のものになり、ドラッグするとカンバスを移動するような動きになるのですが、これが「シャドウ(内側)」と「ドロップシャドウ」の場合はカーソルが移動ツール時のものになり、ドラッグでシャドウの角度と距離を調整できるようになります。

スポイトツールでカンバス以外からカラーを取得

特定の部分のカラーを取得したい場合に使用するスポイトツールはカンバス外でも使用することが可能で、例えばブラウザ上にあるイメージのカラーやデスクトップに置いているアプリケーションアイコンのカラーを取得するといったこともできます。

カンバス外でも使用する場合は、まずスポイトツールが選択されている状態でカンバス内を適当にクリックし、クリックした状態を維持したまま取得したいカラーの部分まで持っていきます。 すると、カーソルがカンバス外にある場合でも位置によって描画色の部分が変更されているのを確認できると思うので、あとは任意の箇所でクリックを解除すればカンバス外であってもカラー情報を取得できます。