Tag : gulp

- 16 Articles -

EJS:インクルードの引数を利用してカレントクラスを付与する方法

Read Article

EJS:インクルードの引数を利用してカレントクラスを付与する方法

EJSで特定のファイルを共通ファイルとしてインクルードさせたいけど、ページによって一部変更したい箇所があるときなどに使える方法で、今回はナビゲーションを例に該当のページだった場合は特定の要素にカレントクラスを付与させるという動きを具体的にはインクルード時の引数と条件分岐を利用して実装してみます。

  • Tips
gulp:gulp-sass-globを使ってSassの@importを少しでも楽に管理する

Read Article

gulp:gulp-sass-globを使ってSassの@importを少しでも楽に管理する

Sassで`@import`を使用している場合、大量にファイルがあるとそれらすべてを記述していくのが面倒と感じるときがあります。また、新たにファイルを作成する度に`@import`を追記し、逆に不要なファイルが出てきたら該当の`@import`を削除する必要がありますが、それらも頻繁にあると地味に面倒です...。これらの手間を「gulp-sass-glob」というプラグインを利用して、少しでも楽に…

  • Services & Resource
gulp:ビルド時にcharsetやファイルエンコードをShift_JISに変換する方法

Read Article

gulp:ビルド時にcharsetやファイルエンコードをShift_JISに変換する方法

普段は基本的にファイルの文字コードはUTF-8を使用していますが、稀にShift_JISなど別の文字コードを使用する必要があります。ただ、そういった場合でもgulpは使いたいってときに使える方法のひとつで、今回はUTF-8のファイルをビルド時にShift_JISに変換するというのを備忘録兼ねて紹介します。

  • Services & Resource
gulp-load-pluginsを使ってプラグインの読み込みを簡素化する

Read Article

gulp-load-pluginsを使ってプラグインの読み込みを簡素化する

gulpはプラグインを使うことで様々なタスクを作ることができますが、その分プラグインを読み込むために沢山の`require()`を記述していく必要があります。タスクファイルを分割している場合はあまり気にならないかもしれませんが、`gulpfile.js`のみ使用していて長くなってしまうのが嫌だとか単純に何度も`require()`を記述するのが面倒だというときは、「gulp-load-plugin…

  • Services & Resource
各項目を選択・入力するだけでgulpで使用するソースを出力してくれるジェネレータ「gulp generator」

Read Article

各項目を選択・入力するだけでgulpで使用するソースを出力してくれるジェネレータ「gulp generator」

ちょっと便利そうだったので備忘録兼ねてご紹介。「gulp generator」はgulpで使用する`gulpfile.js`と`package.json`に記述するソースを出力してくれるジェネレータで、用意されている各項目を選択したりファイルの読み込み・出力箇所を入力していくだけで簡単に必要なソースを出力してくれます。

  • Services & Resource
gulp:とりあえず覚えておきたい、よく利用する基本タスクの記述サンプル

Read Article

gulp:とりあえず覚えておきたい、よく利用する基本タスクの記述サンプル

主にこれからgulpを使い始めよう(使い始めた)という人向けに、とりあえず覚えておきたいよく利用するタスクの基本的な記述例やプラグイン・モジュールを使った使用例をいくつかまとめてみました。実際に使用する時はここで紹介しているような簡易的なものでなく、もっと複雑なタスクだったり様々なプラグイン・モジュールを組み合わせたりすることがほとんどですが、ファイルの移動や削除をはじめ、リネーム・結合・圧縮・監…

  • Services & Resource

Close the search window,
please press close button or esc key.