WordPress:Gutenbergにデフォルトで用意されているブロックスタイルを削除する方法

WordPress:Gutenbergにデフォルトで用意されているブロックスタイルを削除する方法

Gutenbergのブロックには予め見栄えを容易に適用できるブロックスタイルが用意されているものがありますが、サイトのテイストに合わないなどの理由で不要な場合にそれらを削除する方法です。

「画像」ブロックと「引用」ブロックのブロックスタイル

イメージは左が「画像」ブロックと右が「引用」ブロックのブロックスタイルをそれぞれキャプチャしたもので、他のブロックにもこのようなスタイルがデフォルトで用意されているものがあります。
ただ、これらが不要ということであればunregisterBlockStyleを使用してブロックエディタで読み込んでいるJSにそれぞれ下記のように記述することで削除できます。

example.js

wp.domReady( () => {
  // 引用(デフォルト)
  wp.blocks.unregisterBlockStyle( 'core/quote', 'default' );

  // 引用(大)
  wp.blocks.unregisterBlockStyle( 'core/quote', 'large' );

  // 画像(デフォルト)
  wp.blocks.unregisterBlockStyle( 'core/image', 'default' );

  // 画像(角丸)
  wp.blocks.unregisterBlockStyle( 'core/image', 'rounded' );

  // プルクオート(デフォルト)
  wp.blocks.unregisterBlockStyle( 'core/pullquote', 'default' );

  // プルクオート(単色)
  wp.blocks.unregisterBlockStyle( 'core/pullquote', 'solid-color' );

  // 表(デフォルト)
  wp.blocks.unregisterBlockStyle( 'core/table', 'regular' );

  // 表(ストライプ)
  wp.blocks.unregisterBlockStyle( 'core/table', 'stripes' );

  // ボタン(デフォルト)
  wp.blocks.unregisterBlockStyle( 'core/button', 'fill' );

  // ボタン(ストライプ)
  wp.blocks.unregisterBlockStyle( 'core/button', 'outline' );

  // 区切り(デフォルト)
  wp.blocks.unregisterBlockStyle( 'core/separator', 'default' );

  // 区切り(幅広線)
  wp.blocks.unregisterBlockStyle( 'core/separator', 'wide' );

  // 区切り(ドット)
  wp.blocks.unregisterBlockStyle( 'core/separator', 'dots' );
});

Close the search window,
please press close button or esc key.