WordPress:月を英記表記にする方法

WordPress:月を英記表記にする方法

WordPressの日本語版をインストールした場合、月の表記は1月、2月、3月...のようにもちろん日本語で出力されます。
それをfunctions.phpを使って英記表記に変える方法をメモ兼ねて紹介します。

月の表記を英語表記にするのは、/wp-content/languags内にあるja.poja.moを直接いじることでも変更することはできるんですが、これらのようなコアファイルを変更した場合はアップデートの度に変更しなければいけないので少し面倒です...。
また、プラグインを使う方法もあるようなんですが、自分はあまりプラグインを多用したくない派なので、このブログではfunctions.phpを使って月の表記を英語表記に変えています。

まず、functions.phpに下記の記述をします。
テーマ内にない場合は作成してください。

functions.php

function encode_date( $m ) {
  switch ( $m ) {
    case '1月':
    return 'January';
    break;
    case '2月':
    return 'February';
    break;
    case '3月':
    return 'March';
    break;
    case '4月':
    return 'April';
    break;
    case '5月':
    return 'May';
    break;
    case '6月':
    return 'June';
    break;
    case '7月':
    return 'July';
    break;
    case '8月':
    return 'August';
    break;
    case '9月':
    return 'September';
    break;
    case '10月':
    return 'October';
    break;
    case '11月':
    return 'November';
    break;
    case '12月':
    return 'December';
    break;
  }
}

上記を記述後、表記したい箇所に下記を記述すれば日本語版WordPressの場合でも月が英記表記で出力されるようになります。

<?php
  $month = get_the_date( 'M' );
  echo encode_date( $month );
?>

略称表示にしたい場合は、先ほどのfunctions.phpの記述を下記のものに変更してください。

functions.php

function encode_date( $m ) {
  switch ( $m ) {
    case '1月':
    return 'Jan';
    break;
    case '2月':
    return 'Feb';
    break;
    case '3月':
    return 'Mar';
    break;
    case '4月':
    return 'Apr';
    break;
    case '5月':
    return 'May';
    break;
    case '6月':
    return 'Jun';
    break;
    case '7月':
    return 'Jul';
    break;
    case '8月':
    return 'Aug';
    break;
    case '9月':
    return 'Sep';
    break;
    case '10月':
    return 'Oct';
    break;
    case '11月':
    return 'Nov';
    break;
    case '12月':
    return 'Dec';
    break;
  }
}

Close the search window,
please press close button or esc key.