WordPressで問い合わせフォームを実装したいときに便利なプラグイン「Contact Form 7」で、セレクトボックスやラジオボタンの選択項目によってそれぞれ異なるメールアドレス宛に送信されるようにする方法です。

ここでは「type」という項目名があり、それぞれ選択された場合は下記のように異なるメールアドレス宛に送信する動きとします。

上のような動きになるようにセレクトボックス(select)を配置したい場合は、下記のようにパイプ(|)を用いてパイプ前にフロントで表示させる文言を、パイプ後に送信先に設定したいメールアドレスを記述します。

[select* type "項目A|type-a@example.com" "項目B|type-b@example.com" "項目C|type-c@example.com"]

上記を「フォーム」タブの編集部分に記述したら、次は「メール」タブの「送信先」部分に項目名を記述し、今回の場合は「type」なので、該当箇所には[type]と記述します。
あとは、作成したフォームを設置して実際に送信してみると、選択した項目によってそれぞれ異なるメールアドレス宛に送信されるのを確認できます。

ラジオボタン(input type="radio")の場合もセレクトボックスと同様で、パイプを用いて下記のように記述していきます。

[radio type default:1 "項目A|type-a@example.com" "項目B|type-b@example.com" "項目C|type-c@example.com"]

ちなみに、メールアドレスを変更するだけでなくちゃんと送信または自動返信メールで項目Aや項目Bといった文言を表示させたいときは、_raw_を用いることでパイプ前の文言を表示させることができ、今回の場合は「type」が項目名となるので表示させたい箇所に[_raw_type]といった形で記述をすることで実装できます。