WordPressの検索機能は、デフォルトのままでは投稿の記事だけでなく固定ページも検索結果に出てきてしまいます。
検索結果に固定ページを出したくない場合や特定の記事を出したくない場合もあると思うので、それらを除外するカスタマイズを紹介します。

September 13, 2014 追記

検索結果に投稿の記事のみを表示させる

WordPressのデフォルトの検索機能は、投稿の記事だけでなく固定ページも検索対象となっており、条件が一致すれば固定ページも検索結果として表示されてしまいます。

例えば、「About」というページを固定ページとして作成していた場合、ユーザーが投稿の記事を検索したつもりでも固定ページである「About」もデフォルトのままでは検索結果として表示されます。
これをあくまで検索結果として投稿の記事だけ表示させ、固定ページを検索対象から除外したいときは下記をfunctions.phpに記述します。

functions.php
function custom_search_filter( $query ) {
  if ( $query->is_search ) {
    $query->set( 'post_type', 'post' );
  }
  return $query;
}
add_filter( 'pre_get_posts', 'custom_search_filter' );

検索結果から指定した記事やページを除外する

上記は固定ページを検索結果から除外する方法でしたが、こちらは特定のページを検索対象から除外する方法です。
固定ページだけでなく投稿の記事の中にも検索対象にしたくないものがある場合はこちらを使用します。

functions.php
function custom_search_filter( $query ) {
  if ( !$query->is_admin && $query->is_search ) {
    $query->set( 'post__not_in', array( 5, 10, 20, 32, 48 ) );
  }
  return $query;
}
add_filter( 'pre_get_posts', 'custom_search_filter' );

上記をfunctions.phpに記述し、指定されたIDのページを検索対象から除外されるようにします。
3行目に記述してある$query->set( 'post__not_in', array( 5, 10, 20, 32, 48 ) );の部分で表示したくないページIDを指定しているので、コード内で5, 10, 20, 32, 48となっている部分に表示したくないIDを記述していきます。

検索結果が1件の場合は該当記事へリダイレクトさせる

WordPressでサイト内検索を使用した際、通常は件数に関係なく検索結果が一覧化されて表示されますが、それを検索結果が1件しかない場合は一覧ページには移動せずにその該当記事へリダイレクトさせる方法です。

実装には下記をfunctions.phpに記述します。

functions.php
function redirect_to_only_search_post() {
  if ( is_search() ) {
    global $wp_query;
    if ( $wp_query->post_count == 1 ) {
      wp_redirect( get_permalink( $wp_query->posts['0']->ID ) );
    }
  }
}
add_action( 'template_redirect', 'redirect_to_only_search_post' );