利用頻度が高いと思うURLや代替テキストをはじめ、タイトル・キャプション・説明などWordPressのアイキャッチ画像の各種情報を取得する方法です。
テンプレートタグで単純に表示させるのではなく、余計な記述を省いたり任意で何か新しく属性を追加させたいときなど出力内容をいろいろとカスタマイズしたい場合に、紹介する方法で各種情報を取得することで様々な出力ができると思います。

アイキャッチ画像を単純に表示させたい場合は、the_post_thumbnail()またはget_the_post_thumbnail()echoする形でimgを出力させることができますが、特定の情報のみ出したい場合や情報をもとに手を加えたい場合は、下記で各情報をそれぞれ取得することができます。

// URL
$thumbnail_url = get_the_post_thumbnail_url();

// ID
$thumbnail_id = get_post_thumbnail_id();

// サイズ(横)
$thumbnail_width = wp_get_attachment_image_src( $thumbnail_id, 'full' )[1];

// サイズ(縦)
$thumbnail_height = wp_get_attachment_image_src( $thumbnail_id, 'full' )[2];

// 代替テキスト
$thumbnail_alt = get_post_meta( $thumbnail_id, '_wp_attachment_image_alt', true );

// タイトル
$thumbnail_title = get_post( $thumbnail_id )->post_title;

// キャプション
$thumbnail_caption = get_post( $thumbnail_id )->post_excerpt;

// 説明
$thumbnail_description = get_post( $thumbnail_id )->post_content;

URL・サイズ(横)・サイズ(縦)については、特定のサイズで取得したいのであればそれぞれ引数を任意のものに変更してください。
また、URLについては任意の箇所にthe_post_thumbnail_url()を記述することで直接出力することが可能なので、特に手を加える必要もなくとりあえずアイキャッチのURLを出せれば良いという場合に便利です。
以前はwp_get_attachment_image_src()を使う必要などありましたが、楽に取得・出力できるようになりましたね。